花粉による肌荒れの対策にいい食べものは?

花粉による肌荒れの対策で効果のある食べものについてお伝えします。

*

栄養バランスの良い食事を心がけましょう

花粉による肌荒れを始めとした、いろんな症状は、食生活を見直した対策で緩和されるといわれてます。食べ物は薬ではないので、「治療」ではなくて、あくまでも「緩和」してくれるといわれている食べ物をご紹介します。

野菜や果物には、食物繊維、ビタミン、ミネラル、抗酸化作用のあるポリフェノールが多く含まれているので、肉などのタンパク質や油の多いものは食べずに、これらを摂取するように心がけましょう。
食べ物ではありませんが、ハーブティーは、抗アレルギーの作用があります。

そして、栄養バランスの良い食事を心がけましょう。

根菜類

根菜類の中でもゴボウや蓮根などは、解毒作用があって、ポリフェノールも含まれています。レンコンの表面に見える黒いシミみたいのや斑点がポリフェノールなんです。
レンコンを食べるとアレルギーを起こす交代の血中濃度が下がるというのが大学の研究で証明されています。
ポリフェノールは、ご存知のように抗酸化作用があるため花粉によるアレルギー症状を緩和するといった効果が期待できます。
また、ワサビに含まれている成分が花粉症の発症を抑えるとも言われています。

ヨーグルト・味噌

乳酸菌が、アレルギーによる炎症を緩和するといわれています。腸内環境を整えることで体の免疫機能を高めます。

緑黄色野菜・レバー・うなぎ

たっぷり含まれているビタミンやミネラルが、アレルギーによる炎症を緩和するといわれています。特にビタミンAは、肌や粘膜を強化し、ビタミンCは、ご存知美肌の源です。

魚類(アジ、イワシ、サバなどの青魚)

n-3系脂肪酸が、鼻づまりなどのアレルギーによる炎症を緩和するといわれています。

バナナ

花粉が原因のくしゃみが緩和されたという研究結果があります。

シソ

抗アレルギー作用のある成分や花粉症の原因物質を抑える成分が含まれています。

玉ねぎ

ポリフェノールの1種である成分が含まれているので、根菜類のように抗酸化作用があります。

ふき

フキに含まれるフキノール酸は、ポリフェノールの1種です。

キクラゲ

花粉症の対策によりとされるビタミンDが多く含まれています。

注意!花粉症で食べてはいけない食べ物

ここまでは、花粉の肌荒れ対策のために良いとされる食べ物をご紹介してきましたが、最後に、食べ物で食べてはいけないものをお知らせしておきます。次のような食べ物です。

生のトマト
メロン
牛乳やチーズ
ファストフード
アルコール
ソーセージやハム
砂糖
小麦粉
マーガリン
辛い刺激物

どれも、おいしそうな食べ物ですが、花粉が気になるときくらいは、我慢して控えたほうが良さそうですね。

花粉肌荒れ対策ランキング

公開日:
最終更新日:2017/04/13